わたしはバカ(松阪の進学塾・たきしん高校部の高校生におすすめの勉強法)

お問い合わせはこちら

勉強法ブログ

「わたしバカだから」の落とし穴(松阪の進学塾・多気進学スクール高校部のおすすめ英語法/大学受験・進学実績:三重大・京大など/口コミ)

2020/02/07

「わたしバカだから」の落とし穴

(松阪の進学塾・多気進学スクール高校部のおすすめ勉強法/大学受験・進学実績:三重大・京大など/口コミ)

 

高校生の英語力開花に定評のあるたきしん高校部のブログです。

 

勉強していて

わからないところに出会ったり

 

テストでいい結果がでなかったとき

 

「自分はバカだから」

「あほすぎてわかりません」

 

とか言う人は

ぜったい伸びません

 

それって謙遜しているようにも聞こえるけど

本当は言い訳してるんです

 

部活でも勉強でも

一部のほんとに天才型の人を除いたら

伸びる人は相応の努力を重ねています

 

普段から工夫したり、メモをとったり

わかるまで粘ったり、自分で調べたり

しないやつほど自分がばかなせいにします

 

そう言ってれば自分を許せるから

 

でも、

どうやったらできるようになるか

なにが足りないのか

 

考えないと次も同じ結果になります

 

 

次はもっと良くしよう という積み重ねが

3ヶ月後に結果として現れるんです

 

自分はばかだといってる人は

3ヶ月がんばる覚悟がないから

はじめから言い訳して逃げてます

 

自分はばか ではなく

努力と工夫がまだ足りない と

定義しなおしてください

 

そうすればどんどん伸びます

努力したことが結果につながると

楽しくてもっとやりたくなります

 

「頭がいい」人はこういう過程をたどって

頭がいい人になっていくんです

  

 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 

 

私は天才ではないので

受験生の時も工夫と努力を怠りませんでした

 

とは言ってもやることはとてもシンプル

 

・間違えた箇所を消さずに赤で直す

・先生が口で説明するけど板書しないことを猛烈にメモる

・解いた問題とメモノートを隙間時間に見直しまくる

 

こんなことが大きな差を生みます

 

学校に与えられるままに勉強を進めると

ついていくのがやっとでやりっぱなし

になります

 

それで賢くなる人はいませんでした

 

一度やった問題集をもう一度やってください

ノートをこまめに見直してください

 

みんながやっているやり方は間違っています

結果につながるやり方を身につけましょう

 

どうやったらいいかわからない人は

たきしんで鍛えて差し上げましょう

 

たしかな勉強法を身につけて

あなたの能力をフルに発揮してくださいね

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。