10秒後の自分は信用できない(松阪の進学塾・たきしん高校部の高校生におすすめの勉強法)

お問い合わせはこちら

勉強法ブログ

10秒後の自分は信用できない(松阪の進学塾・多気進学スクール高校部のおすすめ勉強法/大学受験・進学実績:三重大・京大など/口コミ)

2020/02/24

10秒後の自分は信用できない(松阪の進学塾・多気進学スクール高校部のおすすめ勉強法/大学受験・進学実績:三重大・京大など/口コミ)

 

-高校生の英語力開花に定評のあるたきしん高校部のブログです-

 

はっ!といいことを思いついたとき

 

あれ?なんだったっけな?

となったことありますよね

 

人間の注意力は散漫にデザインされていて

思いついた考えもすぐに消えていきます

 

これは大昔に獣や災害から身を守るためには重要な機能で

常に周りに注意を払い、危険を察知して避けるのには役立ちました

 

そしてこの機能は勉強や記憶にとっては厄介です。

 

 

はじめに言ったように、思いついたアイデアはすぐに消えてゆき

テスト中に考えていたこともあっという間に忘れてしまいます

 

だから、メモが大切なのです。

 

特にテスト中、よくある危険な状況が

選択問題で「一致しないもの」を選べとか

理科や数学で最終的な答えにたどり着くのに2段回・3段階の計算が必要な時です

 

問題文を読んだときには「気をつけよう」と思っていても

解答を書き進めているうちにそんなことは忘れ去っています

 

それがふつうなのです

その人間の弱点を狙って作られた問題なのです。

 

 

だから、「これは気をつけなきゃな」と思ったら

そう思った時に解答欄に注意書きをしてください

 

そう思った時だけが自分を救うチャンスです

10秒後の自分はもうそんなことは忘れています

 

 

この習慣は、社会に出て仕事をしたりビジネスをしたり

彼氏や彼女や夫婦同士で話し合いをしたりするときにも

とても重要な意味を持ちます

 

未来の自分が今の自分の頭の中を覚えておけないと

心構えをしておくことで

 

重大なミスやいざこざを避けることができます

 

もちろん一発勝負の試験でも

あなたを救ってくれるでしょう。

 

自分の人間としての弱点を意識していればそれは強みになります

私の大好きなNARUTOの日向ネジのエピソードにもありました

自らの弱点を知るからこそ強くなれるのです。

 

ぜひ思いついた瞬間にメモをとる習慣

身につけましょうね

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。