wouldに遭遇したときの対処法(松阪の進学塾・たきしん高校部の高校生におすすめの英語勉強法)

お問い合わせはこちら

勉強法ブログ

wouldに遭遇したときの対処法(松阪の進学塾・多気進学スクール高校部のおすすめ英語勉強法/大学受験・進学実績:三重大・京大など/口コミ)

2020/02/26

wouldに遭遇したときの対処法(松阪の進学塾・多気進学スクール高校部のおすすめ英語勉強法/大学受験・進学実績:三重大・京大など/口コミ)

 

-高校生の英語力開花に定評のあるたきしん高校部のブログです-

 

文中によく出てくる助動詞would

 

wouldはwillの過去形ということになっていますが

実際には過去の意味で使われないことも多いです

 

わたしの独断と偏見で

文章中のwouldを判別する優先順位をつけてみました

 

①仮定法のwould

└仮定法は「現在の事実に反することは過去形/would」

 「過去の事実に反することは過去完了/would have p.p」 というルールです

 

if節がなくても、wouldがあれば「もし~という状況だとしたら」と仮定法になっていることはよくあります。

 

wouldに出会ったら、まずは仮定法を疑いましょう!

 

My great-great-grandfather would say to me, "Just do it!".

「ひいひいおじいちゃんだったら、私に『とにかくやってみろ!』と言うだろう。」

(もう亡くなっていてこの世にはいないけど、もし目の前にいたら…)

 

②過去の習慣のwould

└過去に繰り返し行っていたことをwould (often)で言うあれです。

 ちなみに、liveやthinkなどの状態動詞はこの言い方はできないので、 used to liveやoften thoughtなど他の言い方にしましょう。

 

I would (often) play shogi with my dad when a child.

「私は子供の頃よく父と将棋を指した。」

 

cf.) When a child, I often wished my dad was David Beckham.

「子供の頃よく、父がベッカムだったらなぁと思っていた。」

 

③意思のwould

└過去の強い意志「どうしても~しようとした/しなかった」

 強い意志を表すwillの過去形ですが、意識しておきましょう。

 

We tried to stop her, but she would slap him in the face.

「私たちは止めようとしたが、彼女はどうしても彼にビンタを食らわそうとした。」

 

My car wouldn't start this morning.

「今朝、車のエンジンがどうしてもかからなかった。」

 

④その他 時制の一致、丁寧など

└その他挙げるとキリがないので割愛します。

 上の3つ以外はそんなに苦労せず理解できるはす。

 

 

wouldを攻略すれば、文脈理解が楽ちんになります!

出てくるたびに丸で囲んだりして意識しましょう!!

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。