接続詞節で【S+be動詞】は省略される(松阪の進学塾・たきしん高校部の松阪高校生におすすめの英語勉強法)

お問い合わせはこちら

勉強法ブログ

接続詞節で【S+be動詞】は省略される(松阪の進学塾・多気進学スクール高校部のおすすめ勉強法/大学受験・進学実績:三重大・京大など/口コミ)

2020/03/06

接続詞節で【S+be動詞】は省略される(松阪の進学塾・多気進学スクール高校部のおすすめ英語勉強法/大学受験・進学実績:三重大・京大など/口コミ)

 

-高校生の英語力開花に定評のあるたきしん高校部のブログです-

 


英文っていうのは省略が多くて困っちゃうものです

どうにかならないものか

 

なりません。省略はどうせされてしまうので

英文をサクサク読んでいくためには、何が省略されるのかを知っておくことが一番です

 

英文なんて、だいたい同じパターンで省略が起こるので、読み慣れてしまえばなんにも怖くありません

 

よく省略されるものに

・that節のthat

・関係代名詞の目的格

などがあります

 

Nobody will believe (that) I'm dating with her.

「僕が彼女と付き合ってるってこと、だれも信じないだろうな。」

 

She sold the bag [(which) I had given her] on mercari.

「彼女は[僕があげた]バッグをメルカリで売ってしまった。」

 

 

ちょっとわかりにくいのが接続詞節のなかのS+be 動詞です

 

When (I was) a child, I would often go to beach to watch the sun set.

「子供の頃、よく日が沈むのを見にビーチへ行った。」

 

While (you are) eating, you should chew the food well.

「食べているときは、食べ物をよく噛まないといけない。」

 

When (she was) talked to by a stranger, she couldn't say a word.

「見知らぬ人に話しかけられたとき、彼女は一言も発せなかった。」

 

Though (he was) embarrassed, he tried to be calm and confident.

「彼は当惑していたが、落ち着いて自信ありげに振る舞おうとした。」

 

これを見て気がついたかもしれませんが、

S+be動詞が省略できるのは接続詞節のSと主節のSが一致しているときだけです

 

Sが一致していないと、省略したSが誰なのかわからないので当然ですよね

 

あれおかしいな、と思ったらS+be動詞の省略をチェックしてみましょう!

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。