公式の使い方、それでいいですか? part.1(松阪の進学塾・たきしん高校部の高校生におすすめの数学勉強法)

お問い合わせはこちら

勉強法ブログ

それでいいのか!公式の使い方 part.1(松阪の進学塾・多気進学スクール高校部のおすすめ数学勉強法/大学受験・進学実績:三重大・京大など/口コミ)

2020/03/07

それでいいのか!公式の使い方  part.1(松阪の進学塾・多気進学スクール高校部のおすすめ英語勉強法/大学受験・進学実績:三重大・京大など/口コミ)

 

-数学を「読解力」から鍛えるたきしん高校部のブログです-

 

いきなりですが、これを読んでるあなた、次の問題を解いてみてください。

【問1】次の式を展開せよ。

 ①(ab)2 

 ②(abcd)2 

 

 

 

①の答えがa22abb2で正答率が98%

②の答えがa2b2c2d22ab2ac2ad2bc2bd2cdで正答率が75%

といった具合です。(※正答率は私の体感です。)

 

【問2】次の関数の最大値を求めよ。

 ③ycos2x2sinx+3

 ④y3cos2x2sinxcosxsin2x

 

 

 

③の答えが5

④の答えが22

です。

ここでは正答率ではなく、どれくらいの人が解く方針を立てられるかを見てみます。

③は80%で、④は30%といった具合です。(※確率は私の体感です。)

 

 

 

では、なぜ、①と②は同じ2乗の展開の問題,③と④は同じ三角関数の最大値の問題なのに、ここまで差が出るのでしょうか。

その原因について次の記事で見てみましょう!

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。