no more than/not more than(松阪の進学塾・たきしん高校部の松阪高校生におすすめの英語勉強法)

お問い合わせはこちら

勉強法ブログ

no more than/not more than(松阪の進学塾・多気進学スクール高校部のおすすめ英語勉強法/大学受験・進学実績:三重大・京大など/口コミ)

2020/03/13

no more than/not more than(松阪の進学塾・多気進学スクール高校部のおすすめ英語勉強法/大学受験・進学実績:三重大・京大など/口コミ)

 

-高校生の英語力開花に定評のあるたきしん高校部のブログです-

 

 

なんだかややこしいから丸覚えしちゃえという人も多い比較

 

特にこのno more than/not more thanは曲者ですね

 

今回はこいつらを正確に覚えられるよう理屈をつけましょう

 

 

まず知っておいてほしいのはnotとnoの違いです

 

not:ふつうに否定。「~でない」

no:強い否定。「まったくない/ゼロだ」

 

これを覚えておけば英語の読解にも役立ちます

 

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

 

では本題

 

①まずはnot more than/not less thanですが

 

・not more than「~より大きくはない/~より多くはない」

「多くても~/せいぜい~」(客観的事実)

└いいかえるとat mostですね

 

・not less than「~より小さくはない/~より少なくはない」

「少なくとも~」(客観的事実)

└いいかえるとat leastとなります

 

 

②no more than/no less thanでは、noの強烈な否定が活きて、反語的になります

 

・no more than「~より多いなんてことはまったくない」

「(むしろその逆で)~しかない」(主観的。少なさ・小ささを強調)

└いいかえるとonlyですよね

 

・no less than「~より少ないなんてことはまったくない」

「(むしろその逆で)~もある」(主観的。多さ・大きさを強調)

└いいかえるとas much as/as many asとなります

 

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

 

覚えやすいでしょ

 

こいつらは文法問題でも長文でもお目にかかるので、さっさと覚えておいて安心して迎え撃ちましょう

 

no more ~ than …/no less ~ than …(クジラ構文とか呼ばれるやつ)はちょっとややこしいので、また別の記事でやりましょう!

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。