知の呪縛①(松阪の進学塾・たきしん高校部の松阪高校生におすすめの勉強法)

お問い合わせはこちら

勉強法ブログ

知の呪縛①(松阪の進学塾・多気進学スクール高校部のおすすめ勉強法/大学受験・進学実績:三重大・京大など/口コミ)

2020/03/21

知の呪縛(松阪の進学塾・多気進学スクール高校部のおすすめ勉強法/大学受験・進学実績:三重大・京大など/口コミ)

 

-勉強のやり方・脳の鍛え方から考えるたきしん高校部のブログです-

 

スタンフォード大学の研究生だった

エリザベス・ニュートンの実験です

 

被験者は「叩き手」と「聞き手」に分けられ

「ハッピーバースデートゥーユー」やアメリカ合衆国国家など

誰でも知っている25曲のリストを受け取りました

 

そして「叩き手」はその中から1曲選んで

そのメロディーを指で机を叩いて伝えます

 

「聞き手」はそれがリストの中のどの曲かを当てる

という単純なゲームをさせるわけです

 

叩き手は自分のメロディーが50%は相手に伝わるだろうと予測しました

さて,結果はどうなったでしょうか。

 

 

なんと,合計120回試した結果伝わったのは

たったの3曲

わずか2.5%に終わってしまったのです

 

叩き手はイライラしました

「わかるだろ,あの有名な曲だよ」

「なんでわからないんだ,ばかじゃないのか」

 

しかしこれはやってみればすぐにわかりますが

聞き手からするとこの指のコツコツという音は

もはやお経のときの木魚のリズムに等しいです

 

気が狂いそうになるので,ぜひ試してみてください

 

この「叩き手」と「聞き手」の認識のギャップのことを

『知の呪縛』と呼ぶのです

 

つまり,叩き手には知識があるせいで

聞き手に知識がない状態を想像できないのです

知ってしまったことを白紙には戻せませんからね

 

叩き手の頭にはその曲のメロディーが流れていますが

聞き手に聞こえてくるのは木魚の音です

 

これは世界中のあらゆる場所で起きています

企業でも,家族でも,恋人どうしでも,学校でも,そして

あなたが取っているノートでも起きてしまっています。

 

・・・

続きは次回

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。