形容詞の語順(a nice new house)(松阪の進学塾・多気進学スクール高校部のおすすめ英語勉強法/進学実績:三重大・京大など)

お問い合わせはこちら

勉強法ブログ

形容詞の語順(a nice new house)(松阪の進学塾・多気進学スクール高校部のおすすめ英語勉強法/進学実績:三重大・京大など)

2020/06/22

形容詞の語順(a nice new house)(松阪の進学塾・多気進学スクール高校部のおすすめ英語勉強法/進学実績:三重大・京大など)

 

-高校生の英語力を開花させるたきしん高校部のブログ-

 

 

英語を書こう・話そうとして

地味に迷うのが形容詞の語順です

 

日本語ではあまり気にしないところだと思いますが、

英語では一応のルールらしきものがあります

 

ざっくり言うと、英語の形容詞は

抽象的・意見が先、具体的・事実が後

 

という語順になります。

 

意見を表す形容詞とは

nice, interesting, delicious, beautiful

などの、人によって感じ方が違う形容詞で、

 

事実を表す形容詞とは

long, young, hot, large

などの、比較することではっきりする形容詞です。

 

でも、long, young, hot, largeもけっこう主観入ってますよね

 

ということで、事実を表す形容詞を

さらに詳しく分けたものが以下です

 

この順に文の前方に置きます

  • 大小
  • 新旧
  • 出身・所属
  • 素材

 

言われてみれば客観度が増すごとに

後ろに置かれていますよね。ね!

 

a tall young man

a large wooden table

big blue eyes

an old Russian song

a small black plastic bag

an old white cotton shirt

a traditional Japanese ceremony (traditionalは新旧の仲間)

 

さらに、大きさや長さを表す形容詞は

形や広さを表す形容詞よりも前に置かれます

 

a large round table

a tall thin girl

a long narrow street

 

色が2つ以上あるときはandでつなぎます

このときの順番はコロケーション的なものなので覚えましょう

 

a black and white dress (×white and black)

a red, white, and green flag (こちらは色の並び順でよいです)

 

 

形容詞の順番ってなかなか気が回らず

覚えにくいんですよね...

 

ネットで調べてみれば暗記法とかもあるので、

それで覚えられる人はゴロとかで覚える手もあります。

 

でも、普通の英作文とか会話で形容詞が3つも4つも

連続で使われることなんてありませんので、

 

はじめに紹介したシンプルルールに従えば

だいたいの場合は乗り切れるはずです。

 

つまり

抽象→具体、意見→事実、主観→客観

というガイドラインに沿っていればよいのです

 

たくさん練習して、間違ったら修正して覚えるという

サイクルを回している人にとっては暗記は効率悪いですからね。

 

まずは大枠をとらえて、必要ならば細部を暗記

もしくは使いながら修正していく

 

このスタイルで勉強するほうが汎用性が高く

他の分野でも役に立ちますよ!

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。