agoとsince -過去形と完了形- ③(松阪の進学塾・多気進学スクール高校部のおすすめ英語勉強法/大学進学・進学実績:三重大・京大など)

お問い合わせはこちら

超効率勉強法ブログ

agoとsince -過去形と完了形- ③(松阪の進学塾・多気進学スクール高校部のおすすめ英語勉強法/大学進学・進学実績:三重大・京大など)

2020/07/01

agoとsince -過去形と完了形- ③(松阪の進学塾・多気進学スクール高校部のおすすめ英語勉強法/大学進学・進学実績:三重大・京大など)

 

-高校生の英語力を開花させるたきしん高校部のブログ-

 

 

sinceとagoや完了形と過去形について見てきましたが

ラスボスはこれです

 

since two years ago

 

ありでしょうか?なしでしょうか?

 

 

これまでのsinceとagoの働きを理解していると

おのずと答えにたどり着けると思うのですが、

 

もういちど復習してみましょう

 

sinceは【過去】から【現在】までという範囲

agoは【現在】からみた【過去】のある時点に

 

でしたよね。

これって方向がまるっきり逆になっていませんか?

 

さらに、sinceは前置詞なので、

うしろに~agoという副詞をとることができません。

 

つまり、

since two years agoは

 

日本語で考えると「あり」そうな気がする表現ですが

英語のsinceとagoの役割を考えると「なし」なんです

 

× I have lived in Mie since two years ago.

○ I have lived in Mie for two years.

 

これが正しい使い方です

ちゃんと変わりの表現も用意されています。

 

ひょっとするとネイティブの文章などでも

since ~ agoという表現を見かけることがあるかもしれませんが、

 

それは英文法的にはまちがっています。

文法的に間違った表現は受験英語では絶対に避けるべきです。

 

受験英語では、採点の基準がどれくらい厳しいものか知りようもないので、

極力安全な表現を用いるのが基本中の基本です。

 

 

ただこれはダメと覚えるのはつまらないし

暗記しただけだと忘れてしまうので、

 

ぜひ理由・理屈と一緒に覚えましょう

英語は言語なのでイメージも活用しましょう

 

sinceは【過去】から【現在】まで

agoは【現在】からみた【過去】の時点で

 

このイメージは大切に持っておいてください。

今後もきっと役立ちます。

 

それではまた

 

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。