計算ミス -能力をもっとも反映するミス-(松阪の進学塾・多気進学スクール高校部のおすすめ英語勉強法/大学進学・進学実績:三重大・京大など)

お問い合わせはこちら

超効率勉強法ブログ

計算ミス-能力をもっともよく反映する間違い-(松阪の進学塾・多気進学スクール高校部のおすすめ数学勉強法/大学進学・進学実績:三重大・京大など)

2020/07/31

計算ミス -能力をもっとも反映するミス-(松阪の進学塾・多気進学スクール高校部のおすすめ数学勉強法/大学進学・進学実績:三重大・京大など)

 

-松高生の数学が変わる!たきしん高校部のブログ-

 

 数学の問題の答え合わせのときに

「あ~、計算ミスしとる~!!」

となった経験はありませんか?ほとんどの人が経験すると思います。

そのときあなたは何を思うだろうか?

「うわー、だるぅ~、まぁ次は大丈夫やろ!」

と思うあなた!!気を付けて!!!

計算ミスこそ一番気を付けるべきミスだと私は思っています。

しかし、私が出会ってきた8割の人は最初このように思っていましたし、実際にこのように言っていたのを何度も聞きました。

 一度、計算ミスしたからと言って、次絶対しないということはない!!

 むしろ、計算ミスは一番起こりやすいミスで尚且つ何度もしてしまうものです。

 

 原因としては主に3つ

  ①気持ちの焦り

  ②字の雑さ

③途中式の省略

 があります。

 限られた時間の中でいくつもの問題を解くため、やはり時間との勝負は避けられません。

 しかも、試験中ずっと計算ミスのことに気を張りながら解くことは非常に難しいです。

 なら、どうすればいいのか...

 

簡単なことです。

 『落ちつくこと』です!

 落ちついて、字も読み取れる程度にきれいに書き、途中式も極力省略しないことで、結果として計算ミスによる減点がなくなります。

 「そんなにゆっくり解く暇はないよ!!」という人もいるかと思いますが、

 焦って解いてしまったがために簡単な問題を計算ミスで0点にするのか、多少時間をとってでも確実に取れる問題で点数を稼ぐのか、どちらがいいでしょうか?

 明らかに後者の方がいいです。

 数学が苦手な人はなおさらです!!

 数学が苦手な人は、分からない問題に時間を割くより、分かる問題を確実に解き、少しでも点数をあげることは大切になってきます。

 

 計算ミスだからと言って、軽視してはいけません。

しっかりと向き合って、計算ミスによる減点をなくしていきましょう!

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。