理数科のゴミからの国立・静岡大学合格!!(松阪の進学塾・たきしん高校部の高校生におすすめの勉強法)

お問い合わせはこちら

勉強法ブログ

理数科のゴミからの国立・静岡大学合格!!(松阪の進学塾・多気進学スクール高校部のおすすめ勉強法/大学受験・進学実績:三重大・京大など/口コミ)

2020/02/19

理数科のゴミからの国立・静岡大学合格!!

(松阪の進学塾・多気進学スクール高校部のおすすめ勉強法/大学受験・進学実績:三重大・京大など/口コミ)

 

今回も過去の優秀な先輩に勉強法を教えてもらいましょう

 

【静岡大学 理学部 合格】

 

私は小5~中3までの5年間たき進で一生懸命勉強して、松阪高校理数科に合格しました。高校入学後もたきしんで勉強したかったのですが、当時はまだたき進に高等部がなくて、塾に通わず自分で勉強をすることにしました。しかし松阪高校の授業は予想以上に進度が早く難易度も高いので、自分だけで十分に勉強するのは非常に困難でした。勉強のやり方が分からず、次第にテストの点数も悪くなるという悪循環に陥って、勉強に対する意欲も徐々になくなってしまいました。ついには毎回の補習から抜け出せなくなり、「理数科のゴミ」とまで呼ばれるようになりました...高校生活で最も辛い時期でした。

高校2年生になり、たきしんに高等部ができたと同時に再入塾しました。野球部に所属していたこともあり、高校3年生の夏休みまでは基礎学力の向上で精一杯で、夏休み前の模試では偏差値45程度しかありませんでした。これでは志望大学に合格できないと思い、まず自分は日々何を勉強すべきか、どれだけの量をすべきかを決めるべく計画を立てました。しかし計画通りにはいきませんでした。その大きな理由は、自分が1日にできる勉強量の限界を知っていなかったからです。自分の失敗からできるアドバイスとして、早い段階で1日にできる受験勉強量の限界を知ることを絶対にしてほしいと思います。


また高校3年生になると、続々と模試がやってきます。ここで模試の結果に一喜一憂しないことも大切です。模試の結果に一喜一憂していると自分の考えがブレていき、いろいろな科目に手を出して毎日着実に勉強を積み重ねる習慣を見失ってしまいます。ブレないためにも自分の決めたことは最後までやり遂げる習慣づけが必要です。


私は、ライブ授業と映像授業を自分の受験科目に合わせて受講しました。ライブ授業、映像授業それぞれに良い点があります。うまく組み合わせることが志望校合格のためには絶対に必要で、最も効率的な勉強法だと思います。


本人のやる気と勉強法次第で、私のように底辺からでも国立大学に合格することが出来ます。分からないことは先生にたくさん質問して、志望大学を絶対にあきらめない強い気持ちを持ち続けてください。私は運よく志望大学に合格できましたが、やはり受験勉強は最低でも1年間必要だと思います。高校2年生の人は「今、この瞬間」から受験勉強のことを意識して行動を開始してください。
 

近田 敬仁

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。