thatの区別② thatが含まれる構文(松阪の進学塾・たきしん高校部の高校生におすすめの英語勉強法)

お問い合わせはこちら

勉強法ブログ

thatの区別② thatが含まれる構文(松阪の進学塾・多気進学スクール高校部のおすすめ英語勉強法/大学受験・進学実績:三重大・京大など/口コミ)

2020/02/20

thatの区別② thatが含まれる構文(松阪の進学塾・多気進学スクール高校部のおすすめ英語勉強法/大学受験・進学実績:三重大・京大など/口コミ)

 

-高校生の英語力開花に定評のあるたきしん高校部のブログです-

 

so...that~やsuch...that~などthat節の構文もたくさんありますね

 

よく見るものを挙げてみます

似たようなものが多いので、例文で状況ごと覚えましょう。

 

 

・in that SV~ 「SVであるという点において」

・except that SV~ 「SVであるという点を除いて」

 

He takes after his father in that he is fond of music.

「彼は音楽が好きだという点で父親に似ている。」

 

I forgot everything except that I wanted to go home.

「私は家に帰りたい一心だった。」←帰りたいこと以外すべて忘れた

 

 

・in order that SV~

「SVする(しない)ために、できるように」

・(so) that SV~

「SVする(しない)ために、できるように」

 

We learn in order that we may becom wise and good.

「私たちは立派な人になるために学ぶ。」

 

Walk softly so (that) you won't wake the baby.

「赤ちゃんを起こさないように、そっと歩きなさい。」

 

 

・so ~ (that) SV~ 「とても~なのでSV」

・such ~ that SV~ 「とても~なのでSV」

(suchの後ろには名詞がくる)

 

I was so hungry (that) I could not take a step.

「私はとてもお腹がすいていたので、一歩も歩けなかった。」

 

She is such a mean girl (that) everybody hate her.

「彼女はとても意地悪なので、みんな彼女が嫌いだ。」

 

 

・S1V1, so (that) S2V2~

「S1V1、 だからS2V2~ 」

 

He overslept, so (that) he missed the train.

「彼は寝過ごしたので、電車に乗り遅れた。」 

寝過ごした→だから乗り遅れた

 

 

that節は英文にめちゃくちゃよく登場します

 

英文読解で差をつけるには、なんとなく読まないこと!

that節の意味をしっかり取れば読解も余裕です。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。