日本人の英語がネイティブに伝わらないわけ①(松阪の進学塾・多気進学スクール高校部のおすすめ英語勉強法/進学実績:三重大・京大など)

お問い合わせはこちら

勉強法ブログ

日本人の英語がネイティブに伝わらないわけ①(松阪の進学塾・多気進学スクール高校部のおすすめ英語勉強法/進学実績:三重大・京大など)

2020/06/18

日本人の英語がネイティブに伝わらないわけ①(松阪の進学塾・多気進学スクール高校部のおすすめ英語勉強法/進学実績:三重大・京大など)

 

-高校生の英語力を開花させるたきしん高校部のブログ-

 

 

日本の高校英語では、リスニングはやるけど

スピーキングはほとんど手つかずですよね

 

そんな英語教育を経て、

英語恐怖症になる日本人は山ほどいるでしょう。

 

大人は当然ながら、大学生でも英語は目も当てられないレベルで

学校の先生にだって英語を話すのは何が何でも避けたいという人がたくさんいます

 

グローバル化のこの時代にです。

 

テレビでやってる出川イングリッシュも面白いですが

あれがコミュニケーションとして成り立っているかというと

ちょっと違う気がします。

 

そんな英語恐怖症の大人にはなりたくないというみなさんに

おすすめの英語の“コツ”を紹介してくれる人を見つけました。

 

第二言語としての英語を教える教師である

ジュディ・トンプソンさんです。

 

彼女のプレゼン動画がとてもよいので

何回かに分けて紹介していきたいと思います。

 

英語について、誰もが知っておくべき事としてお話されていて

その内容は難解な解釈や発音を問題にしておらず

そもそも英語が日本人にとって難しい理由を教えてくれます。

 

根性論もなし。

 

でも魔法の習得法ではなく、問題の根源を知り

一定の努力を経れば伝わる英語になりますよというようなお話です。

 

わたしは、ネイティブのような話し方ができる必要は

ないと思っています。

 

英語はコミュニケーションの道具だし、

ネイティブのように話せなくても言いたいことは伝わるからです。

 

ただ、実際に英語を勉強していると

ネイティブが言っていることがわかったり

ネイティブに言いたいことが伝わったりするほうが

ぜったいに楽しいのです。

 

好きなアーティストの曲の歌詞や

好きな映画・ドラマのセリフがわかるほうが

明らかに英語へのモチベーションが上がります。

 

英語が好きになれば、おのずと受験英語の成績も上がります

 

そんな理由で今回のトピックを選んでみました。

次回から述べられている内容を見ていきましょう。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。