agoとsince -過去形と完了形- ①(松阪の進学塾・多気進学スクール高校部のおすすめ英語勉強法/大学進学・進学実績:三重大・京大など) -高校生の英語力を開花させるたきしん高校部のブログ-

お問い合わせはこちら

超効率勉強法ブログ

agoとsince -過去形と完了形- ①(松阪の進学塾・多気進学スクール高校部のおすすめ英語勉強法/大学進学・進学実績:三重大・京大など)

2020/06/29

agoとsince -過去形と完了形- ①(松阪の進学塾・多気進学スクール高校部のおすすめ英語勉強法/大学進学・進学実績:三重大・京大など)

 

-高校生の英語力を開花させるたきしん高校部のブログ-

 

 

よくみんなが知らないまたは勘違いしている

sinceとagoの使い方についてお話します

 

sinceは現在完了や過去完了などの完了形と一緒に用いて

「~から(ずっと)」という意味を表しますね

 

これは「過去→現在」または「もっと過去→過去」という

未来向きの時間の流れでしか使えません

 

I’ve been playing the guitar since I was seven.

「7歳の時→今まで」

 

She has visited her husband’s parents only twice since they got married.

「結婚した時→今まで」

 

He had lived in Copenhagen for eighteen years since he was born.

「彼が生まれた時→18歳のときまで」

 

このように【過去/もっと過去のある時点】から始まって

現在完了ならば、基準となる【現在】まで

過去完了ならば、基準となる【過去】まで

の時間の幅を表すのがsinceのしごとです

 

 

これに対してagoは【現在】を基準として

「~秒前/~分前/~時間前/~日前/~年前」など

過去のある時点を表します。

 

I bought this PC five month ago, and it’s not already working well.

「5ヶ月前に」

 

They got married three years ago, and now they have four children.

「3年前に」

 

このようにagoは「過去のある時点」を表し

時間の幅は表していません。

 

そして繰り返しになりますが、

agoは【現在】を基準として「どれくらい前に」

 

ということしか表せません。

 

【過去のある時点】を基準とするなら

beforeを用いることになります

 

She wasn’t surprised to see the news because she heard of it three days before.

「ニュースを見た時点より3日前に」

 

 

このようにsinceとagoはそもそも役割が違って

使う場面も違っています。

 

そしてよく生徒がこんがらがって困っている

「現在完了形では過去を表す副詞は用いない」ルールについて

 

次回お話したいと思います。

 

続きもおたのしみに

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。