動名詞のよくあるパターン(松阪の進学塾・たきしん高校部の松阪高校生におすすめの英語勉強法)

お問い合わせはこちら

勉強法ブログ

動名詞のよくあるパターン(松阪の進学塾・多気進学スクール高校部のおすすめ英語勉強法/大学受験・進学実績:三重大・京大など/口コミ)

2020/03/26

動名詞のよくあるパターン(松阪の進学塾・多気進学スクール高校部のおすすめ英語勉強法/大学受験・進学実績:三重大・京大など/口コミ)

 

-高校生の英語力が開花するたきしん高校部のブログです-

 

 

動名詞とは「動詞を-ing形にして名詞の働きをさせる用法」です

 

形容詞の働きの現在分詞(-ing)とは別なので注意!!

 

 

動名詞は名詞の働きをするので、S・O・Cになれるわけです

 

「前置詞の直後には名詞」がルールなので、前置詞+動名詞もありです

 

 

文法問題で問われる動名詞関連の問題は、覚えておくことが多いので、この機会にノートにメモって覚えてしまいましょう

 

 

1.to + 動名詞 となるイディオム

└このtoはto不定詞ではなく前置詞です。だから直後には動名詞(-ing)がきます

 

・look forward to doing  「~するのを楽しみに待つ」

・object to doing      「~することに反対する」

・What do you say to doing? 「~しませんか」

・when it comes to doing  「~することになると」

・with a view to doing   「~する目的で」

・get[be] used to doing  「~するのに慣れる[慣れている]」

 

※used to do「かつては~した/~があった」のtoは不定詞なので要注意!

 

(i) I can't get used to living in the big city.

「私は大都市に住むのに慣れることができない。」

 

(ii) I used to live in Tokyo.

「私はかつて東京に住んでいた。」

 

2.他動詞のOが動名詞(-ing)のみ(to doはとらない)

└ MEGAFEPSDAPAM(メガフェップスダッパム)と覚えるらしい。ダッパムってなに

 

M:mind doing   「~することを気にする」

E:enjoy doing   「~することを楽しむ」

G:give up doing  「~することを諦める」

A:avoid doing   「~することを避ける」

F:finish doing   「~し終える」

E:escape doing  「~するのを逃れる」

P:postpone doing 「~するのを延期する」

S:suggest doing 「~することを提案する」

D:deny doing   「~することを否定する」

A:admit doing   「~することを認める」

P:practice doing 「~する練習をする」

A:advise doing  「~するよう忠告する」

M:miss doing   「~し損ねる」

 

3.目的語が①不定詞か②動名詞かで意味が変わる

└①不定詞は未来のイメージ②動名詞は現在・過去のイメージ

 

①forget to do  「~し忘れる(やってない)」

②forget doing  「~したのを忘れる(やった)」

 

①try to do  「~しようとする(意図だけ。実際にやることは含まない)」

②try doing  「試しに~する(実際にやるとこまで含む)」

 

①remember to do  「忘れずに~する(まだやってない)」

②remember doing  「~したのを覚えている(もうやった)」

 

①regret to do  「残念ながら~する(まだやってない)」

②regret doing  「~したのを後悔する(もうやった)」

 

 

もちろん他にもパターンがありますが、

上記のパターンはよく聞かれるのでしっかり覚えましょう!

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。